m
TAKEU YOSHIHARA
大阪に暮らす自由人です。大好きな外遊びの様子を記録します。
2019.3.1

ファミリーテントで迷った末にogawaのアポロンを購入

Image from Gyazo

とうとうファミリーキャンプデビュー。子供が3歳になったことをきっかけに決意。手始めにテントを買うことにした。

これまで散々ソロでテント泊してきたけど、ファミリーキャンプはまるで素人。色んなテントに目移りして候補の選定だけで楽しくてたまらない。軽さや機能性ばかりを重視するソロULテントと違い、ファミリーテントには色んな視点があって本当に面白い。居住性の高さ、焚き火のしやすさ、景観性など。

ogawaのアポロンを購入

迷った末にogawaのトンネル型2ルームテント、アポロンを購入。特徴としては全面スクリーンによる通気性と景観。また左右対象の形によるレイアウトバリエーションの高さ。そして210Dと極太ポールによる堅牢な構造。

なぜアポロンか

第一印象で惚れてしまった。理屈で考えればアポロンは我が家にとって決して最良の選択ではない。重いし、高いし、設営は大変だし、3人家族には大きすぎる。完全にオーバースペック。教科書通りに行くなら同じ2ルームでもコールマンのタフワイドスクリーンとか、スノーピークのエルフィールドなんかが無難だろう。

特にエルフィールドとは最後まで迷った。両方置いてある店舗に行って収納時の箱を比較させてもらったりもした。そうした結果を見ても我が家に合うのはどう考えてもエルフィールドだった。重さもアポロンはエルフィールドの1.5倍。車も家も小さい我が家にはサイズは重要な条件。

大体ファミリーキャンプなんて大した僻地に行くわけではないので、そんなにスペックの高い装備は必要ないと思うのだ。生地厚なんて70Dもあれば十分だし、スカートなくても寒けりゃストーブなり電気毛布なり持ち込めてしまうわけで。

Image from Gyazo ↑ Snowpeak エントリー2ルームエルフィールド (出典:Snowpeak)

Image from Gyazo ↑ ogawa アポロン (出典 : キャンパルジャパン

Image from Gyazo ↑ 収納サイズの比較

でも、アポロンを選んでしまった。とにかく大阪キャンパルで展示されているものを見たときの第一印象が最高だった。リビングに腰掛けて全面スクリーン越しに見える景色を想像し、胸が踊った。ソロハイキングでは味わえない、基地のようなワクワク感がテントから溢れて出ていた。まあ、購入の動機なんてこんなもんだろう。

この選択がどう転ぶのか、今後のお楽しみ。

Image from Gyazo

RELATED POSTS

POPULAR POSTS