外国人旅行者向けに新幹線の予約サービスを作ってみた

外国人旅行者向けに新幹線の予約サービスを作ってみた。

きっかけ
子供が生まれて自由に使えるお金が減ってしまった。ということで小遣い稼ぎのプロジェクトを考えた。テーマは1人でも回せるマイクロビジネス。

アイデア
外国人旅行者向けに新幹線の予約サービスを作ることにした。調べてみると新幹線は旅行者にとってもはやただの移動手段ではないようだ。300km/hという高速移動の中で飛行機並みのサービスと富士山のような美しい景観を楽しめる最高のエンターテイメントなのだ。ところが一部の路線を除いて新幹線の座席予約は海外からは不可能だ。近年訪日旅行者は増える一方なのに。JRはクレイジーだ。そこで新幹線のチケットを代行で購入するサービスを作ることにした。

このアイデアのターゲットは家族や友人同士のグループによる短期滞在者たち。限られた予定の中で確実に安心して新幹線を楽しみたい人々。お金を払ってでもいいから一緒の席に座って、景色を楽しみつつ目的に向かうような。個人旅行者であればJapan Rail Passという安価な乗り放題チケットを使う傾向にあるため今回のアイデアには向かない。

プロセス
こういうのはとにかく未完成でもいいのでとにかく出してしまうに限る。自分のアイデアなんて99%は思い込みだと思うので、出した後のフィードバックが大事だ。ということで、取り扱い路線は東海道線のみ、支払いのやり取りんはメールを使った簡単な仕組みにした。

現状
リリースして2週間。まだまともな収入を受けることはできていない。そもそもサービスの良し悪し以前にターゲットにうまく露出できていない。Google Adwordsを使って日に20 ~ 30人くらいの訪問者はいるが、それほど精度の高い広告内容になっていないためコンバージョンには繋がらない。考えてみれば当たり前だが、作ることを楽しんでばかりの自分にとっては盲点だった。

ただ、問い合わせを受けたり、注文を受けたりってのはちょくちょくある。(入金まで辿りついていない) 問い合わせの内容や、国外からのフィードバックではどうやらメールベースでのやり取りに違和感があるようだ。(今はサイト上で列車をチェックできない。メールで送る手順になっている)
次はここを改善してみる。

2016-09-20 | Posted in デザイン, ブログ, 開発No Comments » 
Comment





Comment