UI考察:feedly

普段使っているRSSリーダアプリfeedlyのUIを検証してみた。普段はデスクトップアプリをメインに使っている。

6c1f5f7a61fd6e6c6d952399bc6bf116-2

 

基本構成

左のサイドメニューとメインコンテンツ部分の2カラム構成。サイドメニューはオンカーソルで開き、外すと勝手に閉じる。できるだけコンテンツを大きく見せておきたいからだろう。モバイルアプリと同じ感覚で使えるのはいいかもしれない。使用障壁が低い。カラーはよくある基本的な構成。グレーのベースカラーと少しだけのコーポレートカラーの組み合わせ。

よかったところ

・コンテンツがない状態で事例を提案してくるのはやっぱりありがたい。
・コンテンツの表示方法を3種の中からユーザに選ばせている。確かにこれもひとつの手段。

悪かったところ

・ウインドウがでかいのでカーソルの移動がめんどくさい。こういうのは操作できるモックで検証しないと気付かなさそう。
・アコーディオンは繊維アニメーションがないと一見して何がおきたのかわからない
・他のアプリに連携する際にわざわざブラウザが開くのはめちゃめちゃストレスがたまる。
・メニューのアイコンが不要
・サイドメニューの中に設定メニューも混ざっているが気づきにくい。
・こういう細かい点の積み重なりが大きく影響するんだろうな

その他情報

ここでマテリアルデザイン反映までのプロセスが説明してある。googleのデザイナーと密接にやり取りしながら仕上がっていく様子が面白い。印象的だったのは、コンテンツの提案として表示されてあるスターターキットの表示方法。かなりのこだわりをもって改善されたようだ。実際に使っていても没入感を感じた箇所だった。感情的(英: Emotional)没入的(英: Immersive)はとても大きなキーワード。

2015-05-12 | Posted in デザイン, 開発No Comments » 
Comment





Comment