John Muir Trail – Day 14 日課

2014年9月9日  Palisade Lakes → 2mile to Pinchot Pass
起床 7:00 気温 2℃

シュラフカバーの裏に結露あり。昨晩はよく眠れなかった。やっぱりここは落ち着ける場所ではなかった。

今日はトレイル随一の難関、マーサーパス(3682m)を超えてピンショットパスの手前まで進む。とはいえ、昨日の登りで7割位は登ってきたのであと少しだ。

DSC09870__1416791946_58.85.255.147

DSC09873__1416791977_58.85.255.147マーサーパスに到着。2日がかりでやっと超える事ができた。ここが一番きつかった。さすがに嬉しかった。

マーサパスからの下り、すごく急なスイッチバックが続く。とてもとても不思議な光景だ。まるで岩が空から降ってき溜まって山になったような。子供の頃の砂遊びの山のような感じ。それに空気が乾燥してて距離感が全くつかめないからだろう、砂遊びの山を自分が小さくなって下っているような錯覚を感じる。近くだと思ってる景色が、実はものすごく遠かったりする。

ここ数日は登りに疲れる日が続いた。今日は明日に備えて少し早めにキャンプを張った。

 

日課

キャンプに着いてからの日課はすっかり決まってしまった。荷物を置いたらまずは、体を洗い、洗濯、水汲み。これらは寒くなってからではできないので時間との勝負。日の傾きや日なたの場所も気にしながら作業。そしてシュラフを日に当てて乾燥させ、その横にソーラーパネルを広げてバッテリーを充電。その後はテントの設営。うまく張れる時もあれば、そうでない時もある。うまく張れた時は中が広々として気持ちいい。乾燥したシュラフを中にいれ、しばし休憩。この瞬間が温かくてとても気持ちいい。

DSC09876__1416792065_58.85.255.147
DSC09879__1416792144_58.85.255.147
DSC09880__1416792221_58.85.255.147そして一番楽しみな夕食。ベアキャニスターを椅子がわりにして、今日のメニューを考える。大抵はごはんものにおかずをかけて、最後にスープを飲む。フリーズドライのごはんにはお湯をかけて15分の待ち時間がある。この間にミックスナッツを食べて、待ちきれないお腹をごまかす。そして食べる最初の一口、これがどんな高級料理よりもうまい。体中に栄養と安心感がじわっと一気に広がるのが分かる。その場所が自分の家になる瞬間。

食べ終わった後はすぐに片付け、余った水で歯磨き。その後にとても苦手な暗い・静寂がやってくる。うーん 今日も夜がきてしまう。

 

map-17

歩行距離:20km

2014-11-24 | Posted in ライフ, No Comments » 
Comment





Comment